冬に関節痛が起きる原因は?その対処法

どうして冬に関節痛が起きるのか?その原因や対処法とは。予防方法はあるの? - 冬に関節痛が起きる原因は?その対処法

更新情報

アーカイブ

カテゴリー

冬に関節痛が起きる原因は?その対処法

夏場は別に関節が痛くなるということが無い人であっても、寒くなると関節痛になる人が出てきます。関節が痛くなると日頃の活動が億劫になってきますので、出来るならば関節痛を緩和したいと思っているはずです。どうしても関節が痛むのであれば病院にかかって治療を行ったほうがいいわけですが、ちょっとした程度であれば自分たちでも対策ができたりもします。

寒さで神経が敏感になりやすい

sotomawari_samui_woman
寒いと痛さに関する神経がより一層敏感になるということがあります。それはなぜかというと寒さによってかじかむようになり、その過程で筋肉が硬くなるからです。筋肉が硬くなれば痛みやしびれに関してもより一層感じやすくなります。温かい時に比べると寒い時の方が痛さを感じるというのは誰しも同じです。

血行不良が起きやすいから

rgeg
血行不良と言うのは血液の流れが悪くなるということです。血液の流れが悪くなると食事などから摂取した栄養分が全身にまで行き届くことができづらくなります。そうなると関節の周りの筋肉が血液不足と共に栄養不足にもなりますので、どんどん硬くなるわけです。寒い時に筋肉は硬くなりやすく、曲げ伸ばしなどをやる時に力を入れるわけですので、それが痛みとして出てくるわけです。
冷え性などで体が冷え切っている人は、体温を逃さないように血管が収縮していきます。そうなると周辺の筋肉が硬くなります。このことから、冷え性の人は血行不良になりやすいですので、関節痛にかかりやすいと言ってもいいでしょう。

体を温めて、こわばってた筋肉をほぐす

kinniku_
冬場だけ関節痛になる人は何といっても体を温めることから始めてください。冷たいものを食べるのではなく温かい食べ物を食べることで、体をポッカポカになる準備をしてください。食べ物には冷たくするものと温かくするものの2種類があり、色が濃い食べ物はどちらかと言うと温かくする食べ物が多いですので、そちらを食べてください。
外に出るだけでとても寒いですので、こわばって筋肉をほぐしながら体を温めてから出掛けるようにしてください。温かい服装を着用して、カイロなどを活用して、風を守るようにすれば体の冷えを防ぐことができます。家に帰ってきたらしっかりと入浴して体の芯まで温めるようにすればいいでしょう。

適度な運動を行う

junbiundou_shinkyaku
どうしても痛んでなかなか行動ができないという人は、無理して運動をやるより安静にしておいたほうがいいでしょう。安静にして痛みが治まってから適度な運動をすることで関節痛の改善を図ることが可能です。スポーツなどをしていて急に痛みが生じた場合は、無理をせずに軽い運動に切り替えるべきです。運動の習慣が無ければ激しい運動ではなくウォーキングやストレッチなど身近にできる運動から始めるといいでしょう。
適度な運動を行うことで血行が良くなり、それによって寒さにも強くなりますので、出来るならば積極的に取り組んだほうがいいでしょう。運動を行うことにより関節を支える筋力がついて行きますので、それによって改善が図れます。ただし、寒い時は筋肉がこわばっていますので、準備運動を忘れないようにします。

冬は痛みを感じやすいので体を温める

junbiundou_kata
冬に関節痛が起きやすいのは寒さで血行不良が起きて筋肉がこわばりやすいからです。筋肉が硬くなったら急に体を動かすことで関節痛にも陥りやすいです。それを改善するために血行を良くすればよく、温かくしたり、適度な運動をすればいいでしょう。